片思い

片思いで辛い夜を乗り越える方法5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

片想いは楽しい時もあるけど、どうしようもなく辛い時があります。

特に、相手に彼氏や彼女がいる場合。

夜、一人で部屋にいる時、好きな人が「今頃、恋人と一緒にいるのかな」と考えて、

眠れなくなることはありませんか?

仕事や勉強など、他にやらなきゃいけないことはいくれでもあるのに、

その人のことが頭から離れず、何も手につかなくなったり。

そんな自分はダメな人間に思えてきて、ますますブルーになったり・・・。

 

今回の記事では、そんな「辛い夜」を乗り越えるオススメの方法を紹介します。

すぐにでも実践できる方法ばかりなので、ぜひ試してみてください。

ちなみに、筆者も以前は夜中に1人で何時間も悩んでしまうことが多かったのですが、

これらの方法を実践するようになってから、頭の切り替えができるようになり、

精神的に元気でいられるようになった上、時間を有効に使えるようになりました。

では、いってみましょう!

 

1 とにかく寝る。無理してでも寝る

 

身体が疲れていると、精神も弱り、自然とマイナス思考になります。

そのせいで、無駄に考えすぎたり、落ち込んでしまったりするのです。

そんな時は、とにかく寝るのが1番。

寝付けない人は、以下の方法を試してみてください。

 

スマホやパソコンの電源を切る

 

スマホやPCの強い光は脳に刺激を与え、眠りを妨げます。

画面を暗くするだけでなく、電源まで切ってしまうのがオススメです。

スマホやパソコンがあると、ついついSNSやブログ、動画など見てしまいます。

それらは、新たな考え事や悩みに繋がるので、

寝たい時は、情報を遮断しましょう。

ただし、この記事を最後まで読んでからにしてくださいね(笑)

 

部屋を暗くする

 

暗くなると人間の身体は「おやすみモード」になります。

真っ暗が苦手な人は豆電球程度の灯りをつけましょう。

部屋の明かりを落とせない時は、アイマスクが有効です。

 

ホットミルクを飲む

 

牛乳に含まれている「トリプトファン」という成分が寝つきをよくすると言われています。

冷たい牛乳は胃を刺激していまうので、人肌程度に温めて飲みましょう。

 

リラックスできる音楽を流す

 

ゆったりとしていて、自分が快適に感じる音楽を流すのが有効です。

一般的には、波音や鈴の音など自然の音は寝つきをよくするとされています。

それ以外にも、自分に合った音を見つけましょう。

 

一度寝てしまえば、こっちのもの。

起きた時には勝手に気分も良くなっていることでしょう。

 

2 ヨガ・ストレッチをする

 

頭を空っぽにしたい時は、運動するのが効果的です。

しかし、特に女性の場合、夜中に外でランニングをするのは好ましくないので、

オススメなのがヨガとストレッチです。

ヨガは、美容と健康に良い上に、難しいポーズを維持しようと「集中する」ので、

余計な考え事から解放されます。

運動して汗をかいた後は、自然と心が晴れやかになっているはずです。

 

3 誰かと話す

 

辛い時、悩んでいる時、人と話すことで心が軽くなります。

友だちや親など、聞いてもらえる人がいる場合は、どんどん聞いてもらいましょう。

もし、「すぐに相談できる相手がいない」、「悩みを解消するためだけに連絡する

のは気が引ける」という場合は、「ボイスマルシェ」というサービスがオススメです。

専門家のカウンセリングが、電話で「手軽に」受けられます。

深夜3時まで対応しているので、気になる人は今すぐ検索してみてください。

 

4 掃除・部屋の片づけをする

 

掃除や片付けも、やり始めるとついつい集中してしまうので、

悩みを忘れるのに効果的です。

さらに、部屋が綺麗になるというメリットがあります。

スッキリした部屋で快適に毎日を過ごすことが出来れば、

常に健康な精神状態でいられ、辛い夜を過ごすことも減るかもしれません。

 

5 泣く・笑う

 

涙を流したり、声をあげて笑ったりするのも、良い気分転換になります。

感動した小説や漫画を読み返したり、泣けるドラマや映画を見たり、方法は色々あります。

好きなお笑い番組や芸人のネタを見て思いっきり笑うのも良いでしょう。

手っ取り早い方法として、「泣ける まとめ」や「爆笑 まとめ」で検索して、

泣ける話、爆笑動画などを探すのもアリです。

ただし、夢中になりすぎて寝不足にならないよう、注意しましょう。

 

以上、片思いの辛さを忘れる方法でした。

どうしても辛い夜、応急処置として、あなたを助けてくれるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*