コミュニケーション

恋愛心理学「イエスセット話法」でデートの約束を取りつける具体的方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、女性をデートに誘う時、どんな方法を使いますか?

様々な口実を考えたり、出来るだけ気軽に受け取ってもらえるよう、

さりげなさを装ったりと、色々と苦心していることだと思います。

個人的な話ですが、自分はそういった健気な努力が好きです(笑)

なんとか上手くやろうと、創意工夫を凝らす姿勢は素晴らしいと思います。

またまた個人的な話で恐縮ですが、自分もそうでした。

自然な流れで誘おうと、映画の話から、公開中の話題作の話に繋げ、

誘導尋問のように「見たいね」と言わせたりしていました。

あらかじめ用意したレールに沿ってメールのやり取りをしていく感じで、

俯瞰で見ると、非常に恥ずかしいですね(笑)

 

とは言えこれも悪い方法ではなくそれなりに効果はあったのですが、

もっと使えるテクニックがあります。

 

それは、「イエスセット話法」というものです。

もともとカウンセリングで用いられていたのですが、

恋愛においても効果が高いということで、割と有名な手法です。

 

今回は、その効果と具体的な使い方を説明していきます。

 

ちなみに、私も女性を始めてデートを誘う時には必ず使っていおり、

断られることはまずありません。

トータル20人くらいに試して、90%即決でデートの約束ができました。

何より良いのは、誘い方がとても自然に聞こえる点です。

スマートに誘いたい方、必見です。

 

「イエスセット話法」とは何か

 

原理は簡単で、

相手に「イエス」をたくさん言わせておけば、

目的の「誘い」や「要望」に対しても「イエス」を得やすくなる

というもの。

 

これは、「一貫性の法則」という人間の特性を利用しており、

人は何度も同意を繰り返していると、その後の質問に対しても

反射的に同意してしまうのです。

 

また、「イエス」、つまり肯定を繰り返させることで、

相手との間に信頼関係を築くことができます。

 

占い師が最初は誰にでも当てはまるような質問を投げかけるのも、

このテクニックを使っています。

 

それから、タモリさん。

もはや懐かしい、いいとものテレフォンショッキングを思い出してください。

タモリさんが言葉を投げかけて、観覧客が「そうですね」と答えるアレ。

 

「すっきりしない天気ですね」

\そうですね/

「もう11月ですね」

\そうですね/

「早いですね」

\そうですね/

 

と、意図したものか分かりませんが、

肯定を繰り返すことで、お客さんとの間に

良い空気感をつくっていましたね。

 

では、実際に女性をデートに誘う場面においてどのように使うのか、

具体例を見ていきましょう。

 

「イエスセット話法」の使い方(具体例)

 

肯定を繰り返させる部分は、暗い話題は避けた方が良いです。

同意を得たとしても、心情的にネガティブな方向に傾くからです。

それ以外は何でもオッケーです。

むしろ、一見会話力のない人のように見えるかもしれませんが、

とにかく当たり障りのない話題がベターです。

微妙な所を狙って「NO」が返ってくるリスクを冒すよりも、

「YES」を得ることだけを目的として、

相手が確実に同意するであろう質問を投げかけてください。

 

(例1)

「今日は天気がいいね」

「うん」

「もう夏だね」

「うん」

「暑くて喉かわいたね」

「うん」

「こんな時はビールが飲みたいね」

「うん」

「ちょっと飲みに行く?」

 

(例2)

「もうすぐ夏休みだね」

「そうだね」

「夏っぽいところ行きたいよね」

「そうだね」

「海とかいいよね」

「そうだね」

「でもあんまり混んでるのも嫌だよね」

「そうだね」

「人が少なくて、綺麗な海岸があるんだけど、行く?」

 

大体、このような感じです。

長過ぎるのも不自然なので、3〜5回くらい「YES」を繰り返した後に、

本命の質問をするのが理想です。

 

まとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

これなら、誘えそうな気がしてきませんか?

このテクニックの素晴らしい点は、簡単で効果的なので、

デートに誘うハードルがぐっと下がることです。

誰しも「断れるかも」と不安に思っていると、なかなか誘えません。

しかし、確実に効果がある方法を知った今なら、自信を持って誘うことが出来るはずです。

ぜひ、明日にでも試してみてください。

 

健闘をお祈りします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*