技術

【8割の人が誤解している!?】モテる人=イケてる人ではない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事では、多くの人が誤解している「モテる」の定義についてお話したいと思います。

 

まず初めに、なぜ「定義」なんかを知る必要があるのかについてですが、

それは「モテる」状態がどういうものか、正しく理解しなければ、

そこへ向かって進んで行くことができないからです。

 

何事もゴールを正しく設定することが重要です。

例えば、マラソンで必死に走って自己ベストで完走したとしても、そのゴール地点が間違っていたら……。

せっかくの記録はカウントされず、努力も水の泡になってしまいます。

 

モテないことで悩んでいる人たちの中には、頑張って色々と努力をしてみるけど結局モテないまま……

という人がいます。

それは、「モテる」という状態を正しく理解していないからです。

ゴールの設定を間違っているために、努力をしても「無駄な努力」となってしまい、ゴールに辿り着かないのです。

 

では、正しい「モテる」の定義は何でしょうか。

 

「もてる」を広辞苑で調べると、「もてはやされる。ちやほやされる。人気がある。」と書かれています。

では、どういった人が「もてはやされる」のか、あなたの身近なグループで考えてみてください。

 

その人は、イケメンですか?

 

「やっぱりイケメンだよ」とお怒りの方。

ちょっと冷静になって、他にも「グループ内で男女問わず人気があって、いつも周りに人が集まっている」ような人を、複数人思い浮かべてください。

特別イケメンというわけではないけど、なぜか人気のある人がいませんか?

面白い人、優秀な人、天然の人、ダメダメな人……。

「モテる」には色々な要素があることが分かるはずです。

巷に溢れている「モテる方法」や「モテる人の特徴」等には、

根拠もなく(あるいは「遺伝子的に」とかもっともらしいことを言って)

「自信のある男がモテる」など、限定的な要素にフォーカスしているものが多いです。

もちろん、それらも一つの側面ではあるのですが、そういった人だけがモテるという考え方は間違っています。

 

人間の好みは「十人十色」だということは、皆さん理解していると思います。

だとすれば、「モテる人」も「十人十色」でなければおかしくないですか?

これは、本ブログでお伝えすることの、かなり大事な部分になります。

まずは間違った「モテる人」のイメージを払拭してください。

 

それが出来たら、あなたの周りにいる「イケメンではないけど、もてはやされている人達」が、

なぜ人気があるのかを考えていきましょう。

 

私の友人で、Nという男がいます。

Nは、口が悪く、若干コミュ障で、オタクでギャンブル好きで、

すぐ怒るし、すぐ泣く、メチャクチャな人間です(笑)

一般的にモテそうなタイプに思えないNですが、男女ともに人気があり、とても可愛い彼女がいます。

彼女なら他にいくらでも選択肢はあるのに、なぜNと付き合っているのか聞いたところ、

「口が悪く若干コミュ障で、オタクでギャンブル好きで、すぐ怒るし、すぐ泣く」ところが好きなのだとか。

言われてみれば、私も含め、Nの周りの人間は、Nのメチャクチャな部分、

すなわちNの個性に惹き付けられていることに気づきました。

 

つまり、Nのようにその人自身が持っている「個性」が周りに受け入れられるだけで、

「モテる」ことが可能なのです。

 

一般的なモテる人の特徴である、「ルックスが良い」や「マメである」なども、

言ってしまえば、その人の個性です。

言い換えると、「イケメンだからモテる」わけではなく、

「イケメンだというその人の個性が周りに受け入れられているからモテる」のです。

 

回りくどい言い方になりましたが、要するに、

「モテる」の定義は、「個性が周囲に受け入れられること」なのです。

 

ですから、「モテるための努力」は、モテる人の行動を真似したり、

外見や内面を磨くといった「変わろう」とすることではなく、

自分自身が既に持っている「個性」が周囲に受け入れられるようにすることです。

 

では、どうすれば自分自身の個性が周囲に受け入れられるのか。

その具体的な手法について、次回語っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*