思考

【戦う前に負けている!!】モテない男の致命的な欠点8個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事(【勝つためにまず己を知れ!!】モテない男の特徴30項目)で

取り上げた30個の「モテない男の特徴」の中で、

特に致命的だと思われる8つの欠点について、

その問題点と改善方法を話していきたいと思います。

 

次の8つの内、当てはまるものがある人は、

様々なモテる方法を学ぶよりも先に直してください。

 

これらの欠点を抱えていると、どんな技術を身につけたとしても

モテるようにはなりません。

それくらい、危険な状態です。

 

では、早速、見ていきましょう。

 

「モテない男」の致命的な8つの欠点

 

①匂いがきつい(口臭、体臭、タバコの匂い)

②髭が伸びている

③鼻毛が出ている

④服が汚れている・よれている

⑤食事のマナーが悪い

⑥店員に横柄な態度をとる

⑦ゴミをポイ捨てする

⑧交通ルールを守らない

 

まず、清潔感のない人は、女性から生理的に拒否されます。

どれほどルックスや内面が良くても、清潔感がないと

「近づきたくない」と女性に思われてしまうため、

モテることはありえません。

 

次に、マナー系ですが、こちらは特に20代後半以上の女性が敏感です。

女性はマナーの悪い人と一緒にいると「恥ずかしい」と感じるため、

このような人に次のデートのチャンスは訪れません。

 

これらに共通するのは、「簡単にできることを怠っている」こと、

そして、「女性に対する気遣いが出来ていない」ということです。

 

モテないことを恨んだり、モテる人に対して妬み・嫉みを抱く人がいますが、

そういう人に限って、「清潔感」や「マナー」といった初歩的なことすら

できていません。

 

要するに、「モテたい」と心で思っていても、

ちゃんと頭で考えていないし、

行動に表れていないのです。

モテるための基本の「心構え」ができていないと言うこともできます。

 

この記事を読んでくださっている皆様には、

そのような「勝負以前」の状態から抜け出し、

モテる男への階段を上っていって欲しいと思います。

 

①臭いがきつい(口臭、体臭、タバコの匂い)

 

口臭、体臭は市販のグッズを使うことで簡単にケアできます。

 

タブレットや口臭スプレー、デオドラントスプレー、汗拭きシートなど、

持っていない人はすぐに購入してください。

 

全て持ち運びできるサイズのものがありますので、

カバンに入れておいて、女性と接する前に必ずケアする癖を

つけるようにしてください。

 

最初はつい忘れてしまうこともあるでしょうが、

一ヶ月もすれば習慣になるので、

一度や二度忘れても気にせずに続けましょう。

 

また、タバコを吸う人は、相手は自分の数倍タバコの臭いに

敏感だと考えてください。

 

服についたタバコや汗の臭いは、

酵素系漂白剤を入れた40〜50度のお湯に浸け置きし、

洗濯した後、しっかり天日干しすることで消すことができます。

 

モテるためには、女性の前だけでなく、

こういった日頃からの努力が欠かせません。

 

また、臭いに気を遣い、清潔な状態を保つことは、

モテるモテない以前に、自分のためになります。

 

最初は面倒かもしれませんが、

やっている内に当たり前になり、

不潔な状態が気持ち悪いと感じるようになるので頑張りましょう。

 

②髭が伸びている

 

「髭が好き」という女性は少数派です。

こちらの記事を読んで、剃り残しのないように綺麗に剃るようにしましょう。

 

また、髭にこだわりのある人は、少なくとも不潔に思われない、

髭の整え方は押さえておきましょう。

こちらの記事が参考になりますので、

一読しておくことをお勧めします。

 

③鼻毛が出ている

 

これも常日頃から気をつけていないと、

自分では気づかないけど出てた、ということがありがちです。

 

鼻毛カッターは安くて優秀なモノがたくさんあるので、

1台持っておくと良いでしょう。

 

④服が汚れている・よれている

 

特に気をつけたいのは、シャツの襟元です。

白シャツなんかは、しばらく着ているとすぐに襟が黄ばんできます。

汚れを落とすには、直接漂白剤をかけて歯ブラシでこすります。

 

また、出掛ける時には、シャツにアイロンをかけましょう。

ここまでやっている人はなかなかいませんが、

よれよれのシャツを着ている人と、皺ひとつないシャツを着ている人では、

印象がまるで違います。

本人も、パリっとしたシャツに身を包むと気が引き締まり、

より良い精神状態でいられます。

 

⑤食事のマナーが悪い

 

デートで食事をしている時、

あなたがどんなに面白い話をして盛り上げたとしても、

食事のマナーが悪いと、それだけで評価はマイナスになります。

 

せっかく努力してコミュニケーションスキルを身につけても、

マナーを見られて「一発アウト」を食らってしまうのは、

非常にもったいないです。

 

ですから、最低限のテーブルマナーは知識として身につけましょう。

本を読んで学ぶこともできますが、

もっと効果的な方法は、マナーのしっかりした「大人」の人と

一緒に食事に行くことです。

素直に教えを請い、指摘された箇所をその場で直していけば、

すぐに正しいテーブルマナーが身に付きます。

 

⑥店員に横柄な態度をとる

 

女性に「強い」と思われたいとか、「偉い」と思われたいという深層心理から、

店員などの第三者に対して威張った態度を取る男性がたまにいます。

しかし、これは全くの逆効果です。

度量の小さい男だと思われ、見下されるだけです。

 

店員などの第三者にこそ、敬意を払って接するようにしましょう。

 

⑦ゴミをポイ捨てする

⑧交通ルールを守らない

 

これらも当然NGです。

公共のルールやマナーを守れない人は、女性から信用されません。

その場で注意してくれる人はまだ良いですが、

何も言わずに心の中で×をつけている人もたくさんいます。

こういったことを普段やっていると、

デートの場面でもついついやってしまうので、

常日頃から気をつけるしかありません。

むしろ、気をつけさえすればすぐに直せることなので、

「これをやると女性に嫌われる」ということをしっかり認識しておきましょう。

 

今回はあまりに当然の内容になってしまいましたが、

こういった基本的なことを見過ごしていると、

どんなに勉強して技術を身につけても成果が出ないので、

最初からしっかりと注意していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*